Language:

WonderTable

HUMAX

2019年11月末 しゃぶしゃぶ・すき焼き専門店「モーモーパラダイス」新宿東口店オープン レストランテックを導入し、インバウンド満足度強化

  • 投稿日:2019年09月30日

image7607675

2019年11月下旬、 株式会社ワンダーテーブル[本社:東京都新宿区西新宿 / 代表取締役社長 秋元 巳智雄(以下、 当社)]は、新宿ビックロ裏の「鍋ぞう 新宿東口店」を改装し、3階と4階の2フロアで、しゃぶしゃぶ・すき焼き専門店『モーモーパラダイス 新宿東口店』をオープンします。

現在、歌舞伎町本店では7割のお客様が外国人で占めていますが、新宿東口店も同様に、メインターゲットを訪日外国人としています。​外国人のお客様をさらに満足させるため、新たに​多言語対応したレストランテクノロジーを導入し、日本文化を感じさせるインテリアに仕上げるなど、随所に工夫を凝らしています。

単に訪日外国人を集客するだけでなく、満足度を高める取り組みにチャレンジするモーモーパラダイスに、ぜひご注目ください。

 

詳細はこちらから ⇒ http://www.wondertable.com/pdf/momoshinjukuhigashi1.pdf

【ロウリーズ・ザ・プライムリブ】ラグビー世界大会にあわせ1,380gサイズのローストビーフ 『ビーフボウルカット』を50皿提供

  • 投稿日:2019年09月03日


A7_00623-2

 

株式会社ワンダーテーブル[本社:東京都新宿区西新宿 / 代表取締役社長 秋元 巳智雄]は、アメリカンローストビーフ専門店「ロウリーズ・ザ・プライムリブ(以下、ロウリーズ)」にて、ラグビー世界大会が開催される2019年9月20日(金)~11月2日(土)、1,380gサイズのローストビーフ『ビーフボウルカット』の販売を強化し、累計50皿の提供を目指します。

​ロウリーズの本店であるビバリーヒルズ店では、毎年元日に開催される大学アメフト“ボウルゲーム”の決勝チームをお店へ招待する慣習があります。そこでは『ビーフボウルカット』と呼ばれる特大サイズのローストビーフを選手たちに提供します。元々は、その時だけ振る舞う特別カットでしたが、アメフトやコアなロウリーズのファンから、アレを食べたいという声をたくさんいただき、今では通常販売され、誰もが知るロウリーズの名物カットとなっています。

​日本のロウリーズでは『ビーフボウルカット』は裏メニューとして扱っているため、この特別カットの存在を知る人はほとんどおりません。しかし、ラグビー選手をはじめ、これまで数多くのスポーツ選手達がひそかにチャレンジしています。​ロウリーズの伝統的な裏メニューをこの機会にトライし、ラグビー世界大会の気分をさらに盛り上げてはいかがですか。

詳細はこちらから ⇒ http://www.wondertable.com/pdf/beefbowlcut.pdf

 

ラグビー世界大会に向けテイクアウト本格始動 ホームパーティーに最適な充実プラン ホームパーティーに最適な充実プラン

  • 投稿日:2019年09月02日

0056_original_original2019年9月1日(日)より、 株式会社ワンダーテーブル[本社:東京都新宿区西新宿 / 代表取締役社長 秋元 巳智雄(以下、 当社)]では、オービカ モッツァレラバー(以下、オービカ)にて、ラグビー世界大会の開催日程に合わせ、テイクアウト商品の販売を本格的にスタートしました。サッカーやラグビーなどの世界大会開催時には、外出を控えて家飲みする傾向があると言われています。また昨今では、中食需要が伸長しており、スーパーやコンビニではなく、レストランの本格的な料理を、自宅で楽しみたい方々が増加すると見込んでおります。これらの潜在的なニーズに応えるため、オービカにて、テイクアウト商品のバリエーションを検討し、販売を実施することとしました。 なお、アレルギーや多様化する食文化に対応するためパスタはグルテンフリーへ変更できます。2019年9月より販売、2020年には各店の売上構成比10%を目指します。

詳細はこちらから ⇒ http://www.wondertable.com/pdf/obicatakeout.pdf